東京で内装解体はどこに頼むべき?

東京を中心としたエリアで内装解体を行う業者は数え切れない程たくさんありますが、一体どこに依頼するべきなのでしょうか?
費用を安くしたいけど、品質は高いほうが良いし。スタッフさんの対応も心配、そんなお声にお応えすべく、東京の内装解体業者を比較しました。
大半の内装解体業者は無料で見積りをとることができますので、気になる内装解体業者があったら、電話で相談だけでもしてみましょう!

内装解体コワース

対応エリア 大阪府全域、兵庫県全域、京都府全域、奈良県全域、東京都全域
対応できる建物 飲食店、コンビニ、美容室、歯科医院、アミューズメント施設、小売店、サロンなど
24時間受付 Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 厨房機器高値買取 原状回復工事可 夜間工事対応可 当日対応可 料金が明確 見積もり無料 解体実績3000件以上

特長

POINT1料金が明確でリーズナブル 不透明になりがちな内装解体の費用ですが、コワースなら料金をわかりやすく提示してくれるので安心です。
POINT2スタッフの対応◎ コワースのスタッフは徹底的な研修を受けた人ばかり。不適切な対応に出会う心配はありません。
POINT324時間無料相談を受付 電話でいつでも相談ができるので、急いでいるときも安心!もちろん料金は無料なので気軽にお問い合わせができます。

料金

基本料金12,000円~/坪

※場所や設備、廃棄処理物、解体内容により料金は変わりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

事例

テナント返却に伴う、ラウンドワンのボーリング施設の原状回復工事の事例です。
商業施設内にある3階から12階までの10フロア、約3000坪のスケルトン工事が行われました。

解体前

解体中

解体後

坪数 3,000坪
費用 坪単価15,000円~
工期 120日間
さらに詳しく見る

小柴興業

対応エリア 東京都
対応できる建物 大型店舗、スーパー、工場、事務所など
Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 原状回復工事可 環境重視 見積もり無料

概要

解体で終わりではなく、解体から始まるをモットーに、お客様第一で内装解体を行う業者です。 地域密着型の丁寧な施工が特徴で、教育体制にも力を入れているので親切でマナーある職人さんが解体工事を担当してくれます。

さらに詳しく見る

新世紀解体工業

対応エリア 東京都、埼玉県
対応できる建物 店舗、飲食店、オフィス、工場、マンション
Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 原状回復工事可 見積もり無料

概要

豊富な実績の内装解体業者! 見積書の内容を丁寧に説明してくれるので費用面も安心です。

さらに詳しく見る

Eco Loop

対応エリア 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県
対応できる建物 店舗、オフィス、マンションなど
Webから問い合わせ可 原状回復工事可 見積もり無料

概要

解体工事のエキスパートが行う内装解体! お客様目線に立って丁寧な施工を行う業者です。

さらに詳しく見る

小野工務店

対応エリア 関東全域
対応できる建物 店舗、オフィスなど
Webから問い合わせ可 見積もり無料

概要

解体工事・原状回復工事を専門の業者です。 安全・安心・低騒音を心掛けた内装解体が特徴です。

さらに詳しく見る

エコアース

対応エリア 東京都
対応できる建物 戸建、マンション、オフィス、店舗、施設
Webから問い合わせ可 見積もり無料

概要

重機を使用しない手作業の内装解体が特徴です。

さらに詳しく見る

東方産業株式会社

対応エリア 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
対応できる建物 住宅、マンション、店舗、オフィス
Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 見積もり無料

概要

関東一円で、構造を問わず解体工事を行う業者です。

さらに詳しく見る

アップル

対応エリア 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
対応できる建物 美容室、飲食店、物販店など
Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 見積もり無料

概要

工期を短縮することで安くて安全な内装解体工事を提供する業者です。

さらに詳しく見る

松建築工房

対応エリア 関東、名古屋、大阪府、兵庫県
対応できる建物 テナント、オフィスなど
Webから問い合わせ可 原状回復工事可 見積もり無料

概要

一級建築士が在籍し、建築のノウハウ、折衝能力がある内装解体業者です。

さらに詳しく見る

三貴株式会社

対応エリア 全国
対応できる建物 ビル、オフィス、倉庫など
環境重視

概要

安全への取り組みで安心して任せられる! 環境に配慮したエコな内装解体業者です。

さらに詳しく見る

内装解体とは?

内装解体は、その名の通り内装を元の状態に戻す工事のことです。
店舗の閉店やリニューアル、テナントから退去するときなどに行われます。
多くの場合、建物のオーナーの依頼によって行われ、内装解体は原状回復工事とスケルトン工事の大きく2種類にわけられます。
内装解体工事では店舗の中にあるものを全て取り払います。
スケルトン化を行う場合は、ものに加えて壁紙や床なども取り払います。
内装解体といっても工事内容によって仕上がりが異なるため、どんな工事が必要でどんな状態にしておきたいのかをしっかり確認してから業者を探しましょう。

内装解体は見積りから!

内装解体を行いたいときには、まずは見積りをとってみましょう。
東京にはいくつもの内装解体業者がありますが、費用は業者によって大きく異なります。
行いたい工事の内容、内装解体を行う場所などを相談して、見積りを確認しましょう。
いくつかの業者に相見積もりをとって比較するのがおすすめです。
ただし、見積りの内容が不明瞭な業者には注意が必要です。
内装解体業界は見積内容が曖昧になりやすい業界でもあります。
良い業者を選びたい、費用をできるだけ安くしたいというときには、明確な見積りを出す内装解体業者を選びましょう。

内装解体の費用相場は?

内装解体工事を行うときに気になるのが費用の相場ですが、一概に相場をお伝えするのが難しい業界です。
その理由は、内装解体を行う建物の広さや構造によって工期が異なり、費用も異なるからです。
例えば同じ広さの店舗でも、お店の中にある機材の数や工事内容によって費用に差がでます。
費用の相場を知りたい場合は、相見積もりをとるのがベストでしょう。
また、料金表を提示しているところや坪単位の費用を提示している業者は、見積りも明確で費用面も安心です。
参考にして費用相場を把握してみるのも良いかもしれません。

内装解体の費用を安くするには?

内装解体の費用はできるだけ安くしたいところですが、安くするためにはまずは東京の内装解体業者を比較しましょう。
先程お伝えしたように、いくつかの内装解体業者から見積りをとって費用を比較してみてください。
工事の規模やエリアによっては費用が高くなる可能性があります。
また、内装解体は工期を短くすることで費用が安くなる傾向があります。
長期間の内装解体工事ではどうしても人件費などがかさみますが、スピーディーに工事ができる内装解体業者であれば費用を安く済ませることができます。
できるだけ短い期間で内装解体がお願いできる業者を探してみるのも一つの手段です。

良い内装解体業者は実績豊富

内装解体業者を選ぶときに必ず見ておきたいのが、解体の実績です。
実績豊富な解体業者はそれだけ仕事が早く、トラブルが起こった時の対処もスムーズであることが多いです。
これまでにどんな建物や業種の内装解体を行ったのかを確認しましょう。
また、原状回復やスケルトン工事に対応しているかも確認します。
原状回復やスケルトン工事の仕上がりは業者によって差が出る場合が多いため、こちらも実績を見ておくと安心です。
自分の業種業界の内装解体実績がある業者や、仕上がりの質が高い業者を選びましょう。

内装解体業者の口コミに注目

内装解体業者を選ぶときに見ておきたいのが、各業者の口コミです。
実際に内装解体工事を依頼した人の感想や口コミ、トラブルはなかったかなどを確認しておきましょう。
特に、スタッフさんの対応やあいさつ回りについてなどの内容は、内装解体業者からは直接聞き出すことが難しい内容です。
口コミで評判をしっかり見ておきましょう。

解体工事後の廃棄物に注意

内装解体を行うと必ず廃棄物や不用品が出てしまいます。
その処理方法も事前に内装解体業者に確認しておきましょう。
一般的なゴミとして処分することができないものも多く、産業廃棄物の不法投棄などの問題も発生しています。
依頼する内装解体業者が正しい方法で廃棄物を処理しているか確認しましょう。
また、不用品の回収や買取をあわせて依頼できる内装解体業者もあります。
いくつもの業者に様々な作業を依頼するとどうしても内装解体の費用がかさんでしまうため、一括で依頼できる業者を探すのがおすすめです。

東京の内装解体は?

東京はとにかくお店やテナントの入れ替わりが多いため、内装解体の回数も増えます。
そのため、実績が多い内装解体業者を選ぶのがおすすめです。
また、東京は観光地になっているエリアも多く、昼夜問わず人通りが多い中での内装解体工事になる可能性があります。
安全に配慮できる内装解体業者、そして挨拶回りが丁寧にできる内装解体業者を選びましょう。
工事を行う時間は相談できる業者も多いですが、夜間料金などが発生することもあるため頭に入れておきましょう。

内装解体後の土地活用について

東京で内装解体を行う前に知っておきたいのが、工事後の土地活用です。
テナントの入れ替えなどで次に入居するお店が決まっている場合は良いですが、未定の場合はすぐに検討しましょう。
観光エリアの東京では一刻も早く新しい店舗を見つけ出す方がビジネスチャンスも広がります。
次にどんな風に使用するかによって、原状回復やスケルトン化など工事の内容を決め、スムーズに開業ができるように進めましょう。