京都で内装解体はどこに頼むべき?

京都を中心としたエリアで内装解体を行う業者は数え切れない程たくさんありますが、一体どこに依頼するべきなのでしょうか?
費用を安くしたいけど、品質は高いほうが良いし。スタッフさんの対応も心配、そんなお声にお応えすべく、京都の内装解体業者を比較しました。
大半の内装解体業者は無料で見積りをとることができますので、気になる内装解体業者があったら、電話で相談だけでもしてみましょう!

内装解体コワース

対応エリア 大阪府全域、兵庫県全域、京都府全域、奈良県全域、東京都全域
対応できる建物 飲食店、コンビニ、美容室、歯科医院、アミューズメント施設、小売店、サロンなど
24時間受付 Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 厨房機器高値買取 原状回復工事可 夜間工事対応可 当日対応可 料金が明確 見積もり無料 解体実績3000件以上

特長

POINT1料金が明確でリーズナブル 不透明になりがちな内装解体の費用ですが、コワースなら料金をわかりやすく提示してくれるので安心です。
POINT2スタッフの対応◎ コワースのスタッフは徹底的な研修を受けた人ばかり。不適切な対応に出会う心配はありません。
POINT324時間無料相談を受付 電話でいつでも相談ができるので、急いでいるときも安心!もちろん料金は無料なので気軽にお問い合わせができます。

料金

基本料金12,000円~/坪

※場所や設備、廃棄処理物、解体内容により料金は変わりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

事例

テナント返却に伴う、ラウンドワンのボーリング施設の原状回復工事の事例です。
商業施設内にある3階から12階までの10フロア、約3000坪のスケルトン工事が行われました。

解体前

解体中

解体後

坪数 3,000坪
費用 坪単価15,000円~
工期 120日間
さらに詳しく見る

DAIKI

対応エリア 大阪府、兵庫県、奈良県、京都府
対応できる建物 店舗、オフィスなど
Webから問い合わせ可 見積もり無料

概要

建物の構造にあった内装解体で安心!

さらに詳しく見る

株式会社スタッド

対応エリア 京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県
対応できる建物 店舗、オフィスなど
Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 原状回復工事可 見積もり無料

概要

解体工事のことならオールマイティーに対応。 地元京都に根ざした内装解体業者です。

さらに詳しく見る

三同建設

対応エリア 全国
対応できる建物 店舗、オフィスなど
Webから問い合わせ可 見積もり無料

概要

解体工事のエキスパート。 大型の建物の解体実績もあります。

さらに詳しく見る

株式会社鈴貴建設

対応エリア 京都府を中心に近畿一円
対応できる建物 戸建て、オフィス、工場
Webから問い合わせ可 スケルトン工事可 原状回復工事可 見積もり無料

概要

工事は全て自社で行うため中間マージンがなくリーズナブル! 安心の自社施工で品質の高い内装解体工事が可能です。

さらに詳しく見る

青山建設株式会社

対応エリア 京都府、滋賀県、大阪府
対応できる建物 店舗、事務所など
Webから問い合わせ可 スケルトン工事可

概要

創業75年の老舗解体工事業者です。 アスベスト除去や産業廃棄物の処理の依頼も可能です。

さらに詳しく見る

吉田建設

対応エリア 京都府
対応できる建物 集合住宅,戸建・ビル・オフィス
Webから問い合わせ可 見積もり無料

概要

集合住宅・戸建・ビル・オフィスの内装解体を行う業者です。 一部解体工事もOK。

さらに詳しく見る

しろくま産業株式会社

対応エリア 大阪
対応できる建物 店舗、事務所など
Webから問い合わせ可 現地調査有 見積もり無料

概要

自社請負・自社施工が特徴の内装解体業者です。 現地調査・見積もりは無料なので気軽に相談できますよ。

さらに詳しく見る

三貴株式会社

対応エリア 全国
対応できる建物 ビル、オフィス、倉庫など
環境重視

概要

安全への取り組みで安心して任せられる! 環境に配慮したエコな内装解体業者です。

さらに詳しく見る

青木工業

対応エリア 大阪市を中心に近畿一円
対応できる建物 店舗、工場など
Webから問い合わせ可 老舗 解体実績年間100件以上

概要

創業25年以上! 土地活用を考えた高品質の内装解体は、工事の仕上がりの美しさにもこだわり有り。

さらに詳しく見る

内装解体とは?

内装解体は、テナントやオフィスなどの閉店や退去に伴い行う工事のことで、内装を元のあった状態に戻す「原状回復工事」と、室内にあるものを全て取り除く「スケルトン化」の2種類にわけられます。

内装解体は、部分的に行われることもあり、例えばカフェなどの内装解体の場合、トイレなどはそのまま残しておくことで、次に入る店舗で活用し開業をスムーズにすることもできます。

内装解体工事を行う前には、どこをどんな風に解体する必要があるのかをオーナーに確認するなどして、正しい箇所の工事を行えるようにしましょう。

内装解体は見積もりから

内装解体を行う必要がある場合、まずは見積もりの依頼をしましょう。

内装解体は費用を提示している業者は少なく、見積もりをして初めて費用がわかる場合がほとんどです。

ですので、行いたい工事や行う建物の種類を伝えて見積もりをとりましょう。

見積もりをとるときには、いくつかの業者に依頼して相見積もりを行うのがおすすめです。

内装解体業界は費用などが不透明になりがちな業界ですので、相見積もりで比較することで良い業者を見つけやすくなります。

見積もりが見やすい、明瞭、現地調査を行ってくれるなど、費用を曖昧にしない内装解体業者を探しましょう。

内装解体業者を選ぶ時の注意点

内装解体業者を選ぶときに注意したいのが、業者が行うことができる工事の種類をしっかりと確認しておきましょう。

特に、スケルトン化には対応していない業者や、一部だけの内装解体ができない業者は多いので、余分に工事をしてしまうことで費用が高くなる可能性があります。

また、内装解体は専門の業者に依頼するのがおすすめです。

リフォーム業者などに依頼すると、実際に工事を行うのは下請けの業者になり、トラブルが発生する可能性もあります。

また、中間マージンなどの発生も防ぐことができるので、内装解体や解体の専門業者に依頼しましょう。

内装解体の費用を安くする方法は?

内装解体の費用を安くするには、先程お伝えしたように相見積もりで比較することが最適です。

同じ工事内容で安い費用の業者やサービスが充実している業者を探しましょう。

内装解体の費用を比較する中で忘れてはいけないのが、不用品の処分についてです。

内装解体工事中に出た不用品の処分費用がかかる業者が多いですが、中には買取やリサイクルを行うことができる業者もあります。

ゴミになるものをうまく活用して費用を安く済ませることができることも覚えておきましょう。

原状回復やスケルトン化を行なう場合、業者に不用品の処分方法も確認しておきましょう。

内装解体業者で注目するのは実績と事例!

内装解体業者を探すときに必ず見ておきたいのが、内装解体業者の実績と事例です。

実績は、これまでに何件の内装解体を行ったかという数字です。

場数を踏んでいる内装解体業者は職人さんの腕も良く、工事の質が高いことが多いです。

内装解体件数を提示している業者を探しましょう。

また、内装解体の事例もしっかり見ておきましょう。

どんな種類の建物やテナントの工事を行っているのかを見ておくことが重要です。

特定の業種が得意な業者などもあるため、原状回復工事やスケルトン化を行なうときには、似たような事例がある業者を選ぶと安心です。

また、事例の写真を掲載しているところは必ず確認しましょう。

工事の仕上がりのイメージもつきやすくなりますよ。

内装解体はトラブル防止が必須!

内装解体で不安に思う人が多いのが、周辺の人々とのトラブルです。

内装解体は大掛かりな工事になることが多く、住宅街や繁華街ではトラブルになる可能性もあります。

大半の業者では、内装解体工事着手前に挨拶回りを行いますが、その態度や愛想が悪いと評判を落としてしまうことにもなりません。

できるだけスタッフの教育が行き届いた丁寧な業者を選ぶことがトラブル防止に繋がります。

また、繁華街の内装解体工事の場合、夜間工事に対応できる業者を探しておきましょう。

人通りの多い日中ではなく、夜間にスムーズに工事を行なうことができる業者であれば、工期も短く費用も安くなる可能性があります。

内装解体の費用相場は?

内装解体工事で気になるのが費用の相場です。

ですが、相場として詳細な費用を提示するのは難しい状況です。

なぜなら、内装解体工事は行う工事の内容や建物種類によって費用が大きく異なります。

例えば、美容院などのサロンで比較しても、内部の構造や設置されている機器の数によって費用は異なります。

そのため、他の事例と比較するのではなく、自分の店舗にかかる費用の相場を把握しましょう。

相見積もりをとって、相場を把握し、費用やサービス内容を把握しながら業者を選定しましょう。

京都の内装解体は?

京都で内装解体を行なう場合は、実績豊富な内装解体業者を選んでおくのがベストです。

京都は町家などの古い建物であったり、歴史ある建築物も多い特殊なエリアです。

実績豊富な職人さんが在籍する業者に依頼しましょう。

繁華街や住宅街なども多いので、状況に合わせた内装解体工事ができる業者を探しましょう。

京都は日本を代表する観光エリアでもあるので、内装解体後の土地活用についても検討しておくと良いでしょう。

内装解体後にどのように活用していくかを考えていくことで、依頼する工事の内容が変わることもあります。

依頼する前にどこを残してどこを解体するのか、どんな風に仕上げたいのかをしっかりと決めておきましょう。